ブログ

@Lineの作製での流れ ABCS

  1. BPMNをまず WEBでさわってもらるようにして 触るだけでも 業務フローの形が見えてくるところから初めて見る
  2. NodeJs javascriptで統一 いろいろな言語があるけど 出来る物が同じであればいい
  3. Google Colabで機械解析をして連携
  4. GASにROUTINGの設定
  5. pログラムを複雑にするより サーバーでのメモリなど インフラで対応の方が保守性がいい
  6. 2010/02/01 Database連携だとセキュリティー上問題があるので firebaseでの動作に変更 レベルB
  7. BPMSで重要なのはマルチテナントを意識する権限(RBAC)プロセスは会社間を超えてつながるもの を記載する
  8. RPAをスプレッドシートの内容で自動操作 スプレッドシートの設定でRPAを操作 サンプルシートのアップ
  9. スプレッドシートで言語コンバーターを考える、仕組みは一緒で関数が同じならコンバートすればどの言語でも同じはず
  10. UIPATHからGASを実行
  11. 2020/01/27 GoogleSiteとの連動 登録した画像を元にGOOGLEサイトのプロジェクトページ作成
  12. 2020/01/27 GoogleCalenderとの連携 BPMSとRPAの実行内容をGOOGLEカレンダーに登録
  13. 2020/01/26 BPMSとガントチャートの連携
  14. 2020/01/20 BPMSだけだとやはり難しい フローを変えてもユーザーの人が大変なので
  15. 2020/01/20 ECCUBEにデータの登録の開始 スプレッドシートに登録してそこからCSVでダウンロードして登録
  16. 業務システムをスプレッドシートから自動作成
  17. RPAフレームワーク Laravelと同じ構成で作成(WEBの開発とRPAの開発をフレームワークベースで同じくすれば 開発がスムーズになる)
  18. GOOGLE CLASP でのシステム実装(サーバーレスで 業務側とシンプルに作成出来るように)高度な物はそれぞれの開発者がいるがRPAは業務との連携だとすればGAS(Google Apps Script)
  19. BPMS ProcessMaker OpenSource(PHPは1,2年後 JITコンパイラーで C言語と同等の速さであれば PHPは柔軟な開発)スクリプト言語ということで業務システムの基幹では難しかったけれども コンパイラー言語になれば PHPは開発しやすく メンテナンスもしやすい