AI連携

BIで可視化したデータなどを元に 機械解析 音声認識 画像認識 有効かどうかを見て、実際にBPMSに登録していく この部分がルーティング部分 BPMS連携部分にもなる

データによって自動的に判断して振り分ける部分 ここで 難しい物は人へ割り当てるという AssignMentruleの設定

1、CycicalAssigment(BPMSで均等に割り当て)

2、ManualAssigment(次の割り当てを人が選ぶ)

3、Value Based(データの内容によって振り分け)機械解析関連

4、Report To(上長に一時渡す)

5、SelfService(一覧の作業を、グループでこなしていく)

6、SelfService value Baced Assigment(グループに前の作業をわりあて 一覧の作業を、グループでこなしていく)