チャットでBPMテスト

これらを初期手動でなく 自動テストツールで動作させる事が重要

BPMSはそのテストに膨大な時間と修正に専門性が必要になり

その為 導入など困難な部分もある

*)チャットは対話型実効としてのモデルとしてよい

BPMCHATログ

図1 BPMS チャットフロー


コマンド

1、新規作成 (新規作業を作成)

2、作業を進める (作業番号の作業を次の作業に進める)

3、値設定(作業番号に値を設定する

4、RPAシナリヲ1(UIPATHを実行)

機能

1、音声認識

2、言語翻訳

3、構文解析

4、BPMS連携(PROCESSMAKER)

5、RPA連携(UIPATH)

6、各種機械解析連携(一般的なもの)画像、音声、文章)

7、GOOGLEシステム連携(GOOGLE APPS SCRIPTで作成しているので 大体の物と連携)

8、HANGOUTチャット連携

9、チャットワーク連携

10、スラック連携

11、GOOGLESLIDE連携

12、GOOGLEMAIL連携

13、YAHOO形態素連携