BPMSテストシート

UIPATHからBPMSに登録

BPMSはそのテストの方法の難しさに問題があった

理由は 業務の人でしか実際の内容がわからない

しかしBPMSを使う事は 初期コストがかかる

そこをUIPATHでテストを自働化してカバーをする

(いろいろやって最終的にたどりついた今の考え)

1、ETLレベルでの自働化は画面制御ができない為無理

2、プログラムレベルでのWEBAPIでの自働化では開発者しか見れない

大事なこと 画面操作をして 流れを業務側で理解が出来るレベルでなければ 使う事は難しい

BPMS登録テスト画面 随時更新

RPAでテスト開発すべき内容を全て1画面に集約する