BPMSはデータと業務の考え

BPMSとは思うのは本来こういうようにデータを考えるという指標だと思う

どうやって データをもてばいいのだろうとか?

人間の考えでもあるけれど それが ずれていたら 難しい

どう考えればいいか 答えはない

答えは探すし 探していくのかが面白い 特にBPMSのデータ構成は美しく難しい 解けないパズルのような物だな

どうや

データの流れは 文章と似ている

その流れか

そのデータを見えるようにする またWin32の頃の用に難しくなっていっているけど WeBのフロントとか 昔に戻っている気もする

日本語が優秀か英語が優秀か、言語論でなく 何が作りたいか それに対してだと思う

対して変わらない