BPMCHAT

イメージワークフロー

(Image work Flow 画像と業務の連動 )

BPMS導入用サンプル

EC-CUBEにライン(@Line)で画像送信から商品の自動登録デモ

  1. 2020/01/20 BPMSだけだとやはり難しい フローを変えてもユーザーの人が大変なので
  2. 2020/01/20 ECCUBEにデータの登録の開始 スプレッドシートに登録してそこからCSVでダウンロードして登録
  3. 業務システムをスプレッドシートから自動作成
Image workflow
BPMS introduction sample
From image data
EC-CUBE
Demo of automatic registration of products from image transmission on line

実際にこのサイトでリアルタイムに結果を表示していっています

音声 画像 文章認識での登録

チャット BPMS RPAの連携

BPMS確認サイト

  1. BPMS ProcessMaker オープンソース(1から組み合わせるにはプログラムレベルで変更したい為)
  2. BRMS(OPEN RULES)今だと GoogleSpreadSheetとGASの組み合わせで作れる drule(jboss)などでなく業務で作れるとなるとエクセルベースしか無理だった
  3. 設定 GoogleSpreadSheet だれもがインターネットを通して出来るように 業務の人と話しながらGive&Takeで出来る事
  4. 開発言語 GoogleAppsScript,php,javascript,TypeScript その他いろいろ
  5. 環境 dotnetCore(mvc).Laravel,nodejs(mvc),python(確認用),phprunner
  6. 機械解析 Tensorflow,Google Cloud Vision,Python 形態素解析,音声認識(chrome),GOOGLE翻訳
  7. RPA Uipath
  8. クラウド環境 Google Plat form GKE(GSUTE GoogleSpreadの連動を考えた場合最適と思われる)、AWSはlambdaとEC3
  9. 仮想環境 Docker Kubernetsレベルよりシンプルに GKEでオンプレミス上で portenerで設定(小回りがいいので)
  10. DATABASE GoogleCloudSql,sqlserver,redis,firebase realtime,mongodb,bigQuery
  11. チャット GoogleChat,Chatwork,Teams,Slack,独自チャット
  12. Cloud Pub Sub Google FireBase
  13. ログ Google Stack driver(1セットで使えるもの metricsや 統一していない物だとインフラ対応で時間がかかる)
  14. 解析 googleSpreadSheet,GoogleDataStudio(BiqQueryとDataStdioの連携は シンプル)
  15. 設計書作成 Xead(きちんとした業務の考えをもとに 開発的な考えでなく)
  16. プログラム設計 EA(EnterPriseArchitect) 既存のシステムだとリバースで設計をだすので
  17. QIITAでもちょっとずつ説明 QIITA

since 2000~2020


マインドマップ BPMSとRPAとチャットの連動


構想 BPMSを主体にした業務システムの効率化と開発

RPAはBPMSをサポートする

BPMBOXES BPMS+RPA+チャット 統合システム

オープンソースと独自のシステムで統合 実際に ECにデータを登録しながらBPMSの説明

使っているBPMSはオープンソースでこちらから ダウンロードできます ProcessMaker

確認用 システム GustLogin 簡易データの確認

ロードマップ 画像と音声から登録までの流れ

Roadmap Flow from image and sound to registration

1.)イメージワークフロー(GoogleBlogger)で登録した画像の内容を随時更新

2.)マインドマップ 全体図の確認

3.)BPMSチャット 音声認識とチャットでロボットと連携

4.)画像認識での登録 ライン(Line)から画像投稿

5.)スプレッドシートでのフロー作成 画像解析結果によって作業自動割り当て

6.)スプレッドシートで画像解析の結果の確認

7,)スプレッドシートでBPMSの結果表示(設定道理に進んでいるか)

8,)BPMSでの作業信仰状況の確認

画像認識での登録 ライン(Line)から画像投稿

ラインでBPMS+RPA+AI+EC

画像を送ると画像を自動判別してBPMSにデータ登録

RPAはBPMSからECCUBEに登録

結果はBPMSでの管理システムで確認

イメージワークフロー(GoogleBlogger)で登録した画像の内容を随時更新

イメージワークフローの確認 ブログに内容を表示

BPMSチャット 音声認識とチャットでロボットと連携

内容によって人かロボットにBPMS+BRMSで作業を振り分け(AIは不確定要素が多いので3分岐)


Distribute work to human or robot by BPMS + BRMS depending on the content (AI has many uncertain elements, so it branches 3 times) It takes time to be able to do it with a neural network One mistake per 100 results in the same cost to find it Combine rules with BRMS (AI is not versatile)


(BRMS+AI+RPA)のフロー(BPMN)

BRMS【Bisiness Rule ManageMent System】 GoogleSpreadSheetで作成(ルールは共同でエクセルで作れる事)GoogleSpreadSheetはGASをつかえるのでBRMSとして成り立つ

チャットで動かすことで概念がよくわかる(大事)その後細かい事はつけていけばいい(AIがあるので一日500回までテスト)

*)BPMS Bisiness Process ManageMent System

(BRMS + AI + RPA) flow (BPMN) BRMS [Bisiness Rule ManageMent System] Created with GoogleSpreadSheet (rules can be created jointly with Excel) GoogleSpreadSheet uses GAS, so it can be realized as BRMS You can understand the concept well by moving it by chat (important) Then you can add details (test up to 500 times a day because there is AI)

今回テストする内容のフロー(BPMN) BPMSで実際に処理結果を サイトで ↓に順に表示

業務フローやページ遷移の作成(エクセル SpreadSheet) SpreadSheetの グラフで作成

それにGASを組み合わせればBRMS(Bisiness Role MnageMent System)も出来る いろいろな物を使っても 業務ルールをわかるのはエクセルをわかる業務の人 それにあわせないとうまくいかない

BPMNのフローの作成

BPMSに作成したフローを設定 BPMSを使う場合(対比)ある程度スプレッドーシートで出来たら設定

登録して分析した画像の確認(SpreadSheetに登録)

イメージワークフロー

BPMBOXES 業務の自動振り分けと登録(BPMS)

内容によって業務を自動的に振り分け

イメージワークフロー確認

ロボットが自動的に登録を開始(RPA)

RPA実行履歴

動作中

走る

RPAと3Dの連携

動作画わかるようにTHREEJSとの連携

3Dはフリー素材があるので、いろいろと雰囲気のいいものを

RPAは無機質なので なんとなく愛着がもてるようにがいいかな

障害発生

エラーメール送信

動作中

走る



RPAでの商品登録確認 ECCUBEに登録 作成された商品データを登録

ECCUBE4 を モデルに

BPMS

RPA

GOOGLE SPREAD SHEET

での業務自動化を試していく

(物を買うというのは慣れ親しんでいるので わかりやすいし ECは面白い)


イメージワークフローproducteccube