BPMチャットとは

GAS GCP RPA チャットの組み合わせに よってBPMSはその威力を発揮する

RPA+BPMS+チャットボッド+業務システム

GOOGLE APP SCRIPTでのチャットシステムと連動

RPA+BPMS+チャットボッド+業務システム

20181211 UIPATHでPROCESSMAKER(BPMS)を自動で設定できないか?

IIS設定 MYSQL(UBUNTU)DOCKER SERVLET設定 ⇒インフラは1から出来ないと細かい予測がつかないので優先(高い)

DOCKERのバックアップが旨くいかない can,t save docker file maybe file is too big so that why how to save big docker file

docker save ○

docker commit ×

GASのフレームワークを作る(日々) APPMAKERと併用して RAD化してフロントは自動開発にする(仕様書は正直あまり役にたたない)

20181207 クエステトラ やはり日本でのBPMだとまずそれをメインでないと認知度 日本語でないとBPMSは難しい

BPMS ⇒ RPA RPA⇒BPMSの相互連動

IISレベルより SSHでのコマンド操作か パワーシェル VBS いずれかで通信操作をする

画像 メール エクセル 各種内容の自動化と GOOGLEAPPSスクリプトによる 機械学習との統合

GOOGLE APPS SCRIPTでの 管理システム

管理画面(チャットとの連動)

ラインでBPMS+RPA

結果はBPMSでの管理システムで確認

RPA(UIPAtH)をメインにして BPMSまでの内容を考えていく

GOOGLE APPS SCRIPTS を基盤として 全てのシステムを構築する(どこでも使える)

(どのサービスでもGOOGLEアカウントのみで動作できるように)

INDEX 基本的にはGASがメイン

2.GAS関連(60%)

  1. GAS EXPRESSフレームワーク作成(50%)
  2. サーバー監視スクリプト作成 ★★★
  3. travisci実行スクリプト作成★★★
  4. GAS MYSQL フレームワーク作成
  5. GAS フロントエンドでのデータ取得設定
  6. GAS VUEJS(ROUTING設定)
  7. NODEJSでも動くようにGAS関数を作成
  8. フォルダー構成を記載する
  9. TYPESCRIPTなど環境設定をしたDockerの作成(DockerFileで設定しておくのがよい)
  10. 音声認識チャット作成(100%)
  11. 画像認識チャット作成(100%)
  12. 構文解析チャット作成(100%)
  13. 音声読み上げチャット作成(100%)
  14. Google Apps scripts githubにアップをしていく
  15. ticket でのGOOGLEDrive 同期 SKIKA

GCP関連(60%)

  1. GKE設定(centos7 1CPU3GHZ メモリ 4GB ハードディスク2T)
  2. LOADBALANCER LAYER
  3. GOOGLE APP ENGINE(GAE)
  4. GOOGLEDEVELOPER
  5. GAE設定(php nodejs python 90%)
  6. Kubernetes設定(10%)
  7. APIGEE設定 APIが基盤なので統一(0%)
  8. 音声認識 gcloud command
  9. 画像認識 gcloud command
  10. 文章解析 gcloud command
  11. 動画解析
  12. 機械解析はオンプレミスで動くように設定(GCE)
  13. GCLOUDコマンドのまとめ
  14. CLOUDSQL(100%)
  15. BIGQURY(50%)機械解析はこだわらずこれでいく
  16. DATASTDIO (ELASTIC serverとどちらがいいか)
  17. statckoverflow (dogwatch)とどちらがよいか
  18. firebase
  19. cloudbigtable

3.RPA 関連(10%)

  1. UIPATH leaning 講習(画像関連を自動処理させたい)
  2. UIPATH サンプル作成
  3. VBSサンプルの設置(windows server vb.net + visual stdio)
  4. 一通り学習をする
  5. WINDOWSサーバーでリモートからの動作を確認(REST)
  6. SSHサーバーでコマンドからの操作(BPMS連携)
  7. UIPATH FORUM
  8. UIPATH ACADEMI
  9. TALEND OPEN STDIO

4.BPMS関連(70%)

  1. PROCESSMAKER 4.1 DOCKER設置予定
  2. クエステトラ 設定
  3. GASからの操作(70%)
  4. 管理システム作成(80%)WINDOWSサーバーに設定をする
  5. GITHUB

201811 21

  1. UIAPATH setting windows server 2016
  2. GKE 移行 (ソースファイルがない?)
  3. GAE BPMS管理システムの設定(10%)
  4. ファイヤーウォール設定(固定IPの設定を見なおし)
  5. CLOUDFUNCTION PUPPETERでのデータ収集

LINE関連(60%)

  1. LINE@の説明の追加
  2. GAS連携フレームワーク作成
  3. LINE@説明の追加

機械解析関連(60%)

  1. オンプレミスでPYTHONとNODEJSで対応(基本はGOOGLE)

DOCKER関連

  1. ZENDSERVER(PHPのアプリケーションパフォーマンス)
  2. CHEFサーバー
  3. UBUNTU 18.0 (Dockerファイルから作成)
  4. NOVNC
  5. PROCESSMAKER
  6. mysql8.0(cloud SQLに移行)
  7. peronika master master(bigqueryで)
  8. loadbalancer pen(GOOGLEでもういいのだが一応)
  9. munin zabbix(GOOGLE StackDriver に移行する)
  10. MyWog(MYSQLクエリー分析)
  11. docker-compose install

LINE関連

  1. @LINE作成方法
  2. LINEデベロッパーでボット開発
  3. LINEPAY関連開発

NODEJS関連

1,Express 設定(70%)

2,squirlizer 設定(80%)

MYSQL関連

  1. profiler
  2. Neroprofiler
  3. jetprofiler
  4. navicat
  5. mysqlworkbench
  6. Moyog
  7. JSON関連
  8. Docker

考え

ELASTICSEARCH BIGQUERY DATASTDIOの組み合わせ

APIGEEはつかいたいWSO2とどちらがいいか

⇒GOOGLEで統一した方がいいんだろうな


JAVASCRIPT

bootstrap vue https://bootstrap-vue.js.org/docs/components/alert/

gojs https://gojs.net/latest/samples/index.html

vue

reactjs

nextjs

dhtmx

bootstrap

angurer


データ収集関連(70%)

  1. PUPPETTER(WEB系でGOOGLE PUPPETER)
  2. chromeのsandbox関連のエラーを解決○

データ分析関連(20%)

  1. PHPRUNNER Enterprise
  2. DATASTUDIO
  3. ELASTICSEARCH

AWS関連(5%)

  1. EC2にWINDOWSサーバー作成
  2. EC2にCLOUD9設定
  3. 課金体系が無料がどこまでかが不明なライン
  4. REMOTEDESKTOP(WINDOWSERVER2016)
  5. IIS INSTALL
  6. WEBPLATFORM INSTALL
  7. VISUALSTDIO COMMINTY EDITION
  8. WEB MATRIC(this is nice)

UBUNTU関連

  1. docker設定(redmine,zendserver)
  2. cloud9設定
  3. zendserver設定
  4. /var/log/apt-get はGITHUBに送信
  5. travisci circleci 設定 ★(GASから呼び出しをする)
  6. jsdoc
  7. phpdoc
  8. profiler install hardinfo apt-get install hardinfo
  9. logwatch
  10. google omuni fule(GOOGLE DRIVE MOUNT)
  11. skicka( omuni fuse)だとアップロードが止まるので GOOGLECLIを設定
  12. Docker Redmin
  13. Docker ZendServer
  14. munin
  15. Docker管理 Rencherが楽

WINDOWS関連

  1. VBS オンラインでVBSは確認できるように
  2. IIS設定 (100%)
  3. SSHサーバー設定(UIPATH実行)
  4. visualstdio(昔で忘れている)
  5. webmatlix(これでいこう)
  6. libreoffice vba (vba refarence link)

システム関連


PHP関連

  1. zsendServer Docker(Profileとdebugの為)
  2. composer
  3. zendframework
  4. zendskelton
  5. phpstorm(開発)
  6. phalcon 2018/11/30 falconの設置完了 基本的にミニマムでこれで作成
  7. laravel 一般的な開発用
  8. cakephp一般的な開発用
  9. fuelphp一般的な開発用
  10. codeigniter crud
  11. symfony一般的な開発用
  12. codeigniter一般的な開発用
  13. phprunner 業務システム開発
  14. codecharge
  15. 独自フレームワーク(80%)


2018/11/25 サーバー再設定

superviserで自動起動

nodejs memoryを増やす

chmod -R 777 mysql /usr/local/ampps/var

コマンド一覧をまとめる(先決)

GKE 立ち上がらない 場合に備えて二重にするべきなのか

GCPだけではつまらないのでAWS EC2をバックアップに使う

⇒AWS 無料枠がどこまでなのかが あまりわからないのでまとめる


GCP データ以降の際 リージョン(国)が違うとネットワーク課金が高いので要注意

⇒あがり無料

⇒下り有料

予定

1,プロセス スプレッドシート連動

2,BPMS (JSON) API (MYSQL) データベースのインサート対応

3.全文検索対応 mysql 5.7

4.GCP GKEでNODEJSサーバー設定 (CLOUD FUNCTION FIREBASEとの比較)

5.ラインエディター作成

6.BPMSから仕様書を作成する 管理システム作成

7.WEBAPIのテスト SWAGGER設定きょう

8.GCP設定

9,エクセルベースでの動く業務の作成

10.GAS PHP NODEJS PYTHON 部分のRPAまとめ 毎日更新

業務画面作成+業務フロー確認画面

デザイナーによる画面作成

BPMCHAT GOOGLE SPREAD SHEET ADDON


11.MONGODBの選定

12.LINE 1テキスト文字数制限の調査

なせか LINE REPLAYが動かず ⇒ 理由 検索した際の 文字数オーバーの為

substring で文字数制限をいれる

⇒PUSHだと飛んでいるかの確認

関数部分を小さく(複数の送信があわさわると テストが難しい為)

20180817

画面精査 余計な物をはずす

予定を作成 いつリリースするか

開発参加者をつのる 一般的なフレームワーク + CMSが母体

機械解析などの技術とはなせるように

業務フローのまとめ(こらないで各種サンプル)

GOOGLEを母体としたシステム

EXCEL(スプレッドシート)で画面の設定

思った画面をその場で設定

EXCEL(スプレッドシート)で業務フローの設定

思ったフローをその場で設定

LINEでその場で確認

作成したフローをその場でラインで確認

ここは動画の作成中