GSS WEBシステム

Excel GSS からLINE連動 WEBシステム自動作成



since 2000~2020

開発フロー変更

AWSフロー

GCPフロー

REACTNATIVEフロー

PYTHO FLOW


GoogeSpreadSheetからWEBシステム自動作成

  1. WEBシステムでスプレッドシート関数通用可能
  2. リアルタイムにGOOGLESpreadSheetとWEBシステムの連携
  3. WEBシステムでGoogleAppsScriptの通用可能

流れ(ワークフローにより管理されます)

1、LINEボット作成

2、既存の業務フローのシステム化(業務遷移のシステム化)

3、ワークフローにエクセルをアップする

4、シートを元に画面の自動作成(シートからWEBシステムの自動生成)

5、ワークフローによりRPAで処理が実行(作業確認)

ライン連携業務システム

1,LINE連動の画像認識

2,エクセル GoogleSheetからの業務システム自動作成

3,WEBシステム Excel GSSの相互連動

4,エクセル関数がWEBから使用可能

5,GOOGLEスプレッドシート関数がWEBから使用可能

6,GoogleAppsScriptがWEBから使用可能

7、RPA,BPMSによる業務サポート

SETP1 Excelなどの業務フローを WEBシステム化(BPMS)

1、業務フローの見える化

2、設定後画面設定

3、一連の業務シミュレーション

1、INEから画像送信

2、RPAによる画像査定

3、ECサイトへデータのアップ

4、人による実際の査定

SETP2 Excelで作成する画面項目の記載

1、1行目に項目名を記載をする

2、ワークフロー登録FORMからシートをアップ

3、GoogleSheetの場合はURLを記載してください

4、データベース自動連係

STEP3 WEBシステム作成 FORMからアップしたデータで画面の自動作成

Excel又はGSSのURLを送信


アップしたデータからシステムの自動作成

STEP4 WEB上でGSS登録用画面作成(画面の項目位置など)チャットベースで画面の作製

WEB上で画面の作製

その場で登録の確認


SETP5 必要な場合は laravel やvuejs などでユーザー用画面の作製(共同開発用)

自動作成画面を元にカスタマイズしたい場合

1、フレームワークでの管理

2、SPAなどのシングルページの設定

3、自動化サイトを元に各種ページの振分け(一連が動く事を優先)

STEP6 コンテンツはCMSで管理 MODXなど1から管理できるCMSで管理

作成後はCMSで修正

1、フロントページなどは ベーシックな物でも開発

2、必要部分は部品として再利用化

3、デザインなどの話し合い

デモサイト

Step7 RPAの設定(GSSでRPAの動作の設定)業務フローで必要な部分はRPA化

作業の流れをGSSで設定

RPAのシナリヲはGSSで作成 シナリヲをフロー表示

GSSの内容でRPAを実行

GSSの修正で処理の変更 シナリヲに沿って それぞれの作業実行



イメージワークフロー RPAで登録したデータの確認 BPMS連動(業務フローを元に作業履歴の確認)WEB上でBPMSで画面作成

RPAがあってもテストは大変

BPMSでのRPA稼働フロー テスト用 GoogleSpreadSheet【日々RPAがデータ更新】

BPMS RPA連動用 スプレッドシート ADDON

GSSベースでGASを元に Excel内にプログラムの設定

AWSフロー

GCPフロー