BPMCHAT

イメージヴォイスワークフロー

(Image work Flow BPMSを元にした画像と音声とRPA業務の連動 )

人間はクリエーターで、BPMSは指揮者、演奏者がRPAで、AIは楽器 そしてオーケストラになる(Man is creator, BPMS is conductor, player is RPA, AI is instrument)

BPMS RPA 連携導入用サンプル なるべくシンプルに出来るように 考えながら日々更新 ECをモデルに説明を記載していく 大体RPAで使う要素が網羅されていると思う為

BPMSは基幹システムで使う物と、内部的業務で話し合う物は分けた方がいいと思う (RPAを業務で作成でなく BPMSを業務側がとりいれて、その登録をRPAで実現)

@Lineの作製での流れ UIPATHから HTTPS経由で送信したデータをFIRABASEで送信してWEBサーバーのようにして見る そうすればWPAでのWEBであればサーバーが成り立つかと思った


  1. nodejs Xml2json でJSONフォーマットにして javascriptでの画面表示
  2. GASでのXAMLパース スプレッドシートにXAMLから仕様書を吐き出す
  3. ポートフォリヲシステムの修正
  4. UIPATHのフレームワークを作成開始
  5. RPAが実行した結果を 自動画面キャプチャーしてブログに送信をする
  6. BPMS分岐設定の記載と動画機械解析と合わせてRPAに振り分ける方法
  7. 音声でRPAを動作させるデモ
  8. BPMSで重要なのはマルチテナントを意識する権限(RBAC)プロセスは会社間を超えてつながるもの を記載する
  9. RPAをスプレッドシートの内容で自動操作 スプレッドシートの設定でRPAを操作 サンプルシートのアップ
  10. スプレッドシートで言語コンバーターを考える、仕組みは一緒で関数が同じならコンバートすればどの言語でも同じはず
  11. UIPATHからGASを実行
  12. 2020/01/27 GoogleSiteとの連動 登録した画像を元にGOOGLEサイトのプロジェクトページ作成
  13. 2020/01/27 GoogleCalenderとの連携 BPMSとRPAの実行内容をGOOGLEカレンダーに登録
  14. 2020/01/26 BPMSとガントチャートの連携
  15. 2020/01/20 BPMSだけだとやはり難しい フローを変えてもユーザーの人が大変なので
  16. 2020/01/20 ECCUBEにデータの登録の開始 スプレッドシートに登録してそこからCSVでダウンロードして登録
  17. 業務システムをスプレッドシートから自動作成
  18. RPAフレームワーク Laravelと同じ構成で作成(WEBの開発とRPAの開発をフレームワークベースで同じくすれば 開発がスムーズになる)
  19. GOOGLE CLASP でのシステム実装(サーバーレスで 業務側とシンプルに作成出来るように)高度な物はそれぞれの開発者がいるがRPAは業務との連携だとすればGAS(Google Apps Script)
  20. BPMS ProcessMaker OpenSource(PHPは1,2年後 JITコンパイラーで C言語と同等の速さであれば PHPは柔軟な開発)スクリプト言語ということで業務システムの基幹では難しかったけれども コンパイラー言語になれば PHPは開発しやすく メンテナンスもしやすい

音声 画像 文章認識での登録

チャット BPMS RPAの連携


since 2000~2020

BPMSでのRPA稼働フロー テスト用 GoogleSpreadSheet【日々RPAがデータ更新】

オフィスアドイン

NODEJSで作成が出来る

BPMS RPA連動用 スプレッドシート ADDON

スプレッドシートを元にBPMSにデータを登録

BPMSにデータが登録されるとRPAが開始

BPMSでのRPA稼働フロー

BPMSとの連動 RPA ⇒GoogleSpread⇒BPMS







ECに登録するデータ BLOGで 結果の確認(登録したデータをブログで確認)

BPMCHATとは BPMS と RPAを操作する音声チャット

BPMS RPA AI の連動

イメージワークフロー 画像を元にした業務実行 @LINEで画像登録を元にRPAで登録まで

BPMS RPA AI の連動

@Lineから送信した画像とBPMSのシステムの連動

独自でのチャット(GAS)とも連携

メインプロセス イメージワークフロー (メインプロセスはサブプロセスを管理する)

イメージワークフローの確認 ブログに内容を表示

メインプロセス 画像、音声でRPAの振り分け RPAだけまず動作するように設定 全体だけ初期に動作 細かい実装は 小さい部分から

今回は画像認識でのフロー

サブプロセス BPMS 業務フローに沿ってPRAが データを登録していく(サブプロセスは部署単位の作業のような物)それが集まって 全体のプロセスになる

イメージワークフロー RPAで登録したデータの確認 BPMS連動(業務フローを元に作業履歴の確認)WEB上でBPMSで画面作成

RPAがあってもテストは大変

RPA処理結果 ガントチャートで表示 予定と組み合わせて確認

GOOGLE CALENDERと連携 TODOと組み合わせると カレンダーでの管理は業務的に人とRPAの連携がとりやすい